紀伊すぽっとみ熊野ねっと

第22代熊野別当 行快:紀伊続風土記(現代語訳)


第22別当 行快

行範の三男。当院の御時、建久9年7月7日補任。大僧都である。建仁2年12月5日。57歳で入滅。治山5年。

 

 

行快のことは『東鑑』に見える。『平家物語』に鳥居法眼とあるのがこれである(詳らかに上文に見える)。また『古今著聞集』に、この人が正上座と号し射芸にすぐれていたことが見える。

  熊野の説話:平家物語5 以仁王の挙兵
  熊野の説話:熊野別当行快の武勇

お近くの宿

amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記