紀伊すぽっとみ熊野ねっと


滝本村:紀伊続風土記(現代語訳)


滝本村 たきもと

宝竜滝

鎌塚村の未の方(※南西微南※)1里15町余りにある。この地は小口川の南を流れる渓流の源で、色川郷樫原村・大野村の両村と堺し、藤綱要害(藤綱要害は色川郷口色川村の領である)の下流の瀑布の下にある。ゆえに滝本という。雲取の山脈が石倉から西に走ってこの地に至って急に低くなって谷をなし、山脈が絶えたかのようにして色川郷に至る。

瀧泉寺  洞雲山 禅宗曹洞派新宮城下全龍寺末、村中にある。

大滝
村から巽(※東南※)から12〜3町にある。小口川の南の渓の源で、その水は色川郷の雲取峰より出て、藤綱要害の下流にある。源は遠く水が多い。よって大滝の名がある。上下2段となり、上段は高さ38間、下段は高さ34間。相重なって懸け注ぎ崩れ注ぐ。その勢いは最も雄壮である。

下の深淵に落ちて地軸を動揺し、ほとばしり飛沫や霧となる。那智山の一の滝には譲るが、その他の滝はみなこの滝には敵わないであろう。この滝は僻遠にあるので、熊野中の人でも知る者は少ない。滝に神があるならば屈辱を訴えるであろうと思われる。

宝竜滝
  熊野の観光名所:宝竜滝

和歌山県新宮市熊野川町滝本

読み方:わかやまけん しんぐうし くまのがわちょう たきもと

郵便番号:〒647-1205

新宮市の観光スポット宿泊施設

お近くの宿


amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記