紀伊すぽっとみ熊野ねっと

井田村:紀伊続風土記(現代語訳)


井田村 いた 小名 上野(うわの)

成川村の艮(※東北※)1里余にある。熊野往還の海辺に村居する。小名は3つに分かれる。北8町にあるのを小名下り場という。往還で海辺にある。乾(※北西※)山手15町ばかりにあるのを小名青木という、家数はわずかに3、4軒。南に14、5町、海辺にあるのを小名上野という。天文6年の文書に井田荘司職ということが見える。井田は藺田の意味で藺(い。イグサ)を作っている地ということから起こったのであろう。

小森2所 

見松寺  万歳山 禅宗曹洞派新宮全龍寺末、村の端にある。

狼煙場
村の中、酉の方(※西※)、みさごが峠にある。

三重県南牟婁郡紀宝町井田

読み方:みえけん みなみむろぐん きほうちょう いだ

郵便番号:〒519-5711

紀宝町の観光スポット宿泊施設

お近くの宿

amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記